HOME | 山歩きのプラン  | 山の歩き方 | 登山用品と服装 | 山のアラカルト | 山行記録 | プロフィール | リンク

中央線・坪山(1,103m)

平成26年(2014)5月3日(土)7名
ホームページカレンダー
国土地理院ウォッちず
地理院地図
Yahoo地図
関東周辺山歩きバス時刻表
植物図鑑・撮れたてドットコム
PR登山用品・装備のショップ
イワカガミ(岩鏡) 名の由来は岩場に咲き、葉が鏡のようなことから
八ツ田バス停~坪山~びりゅう館のGPS軌跡
八ツ田バス停を降りたのは十数名で思ったより少なかったです。臨時バスが先行していたためもありますが、坪山のイワウチワには既に遅く、ヒカゲツツジも終わりに近いので無理もないです。八ツ田バス停で降りて直ぐそばの橋を渡ります。川沿いを右へ100mほどいったところにトイレがあります。東ルートを左に見て進んで行き、沢に掛かる木の桟橋を渡ります。この橋は以前は古くて幅も狭く、腹ばいになって渡っている女性もいました。今回は幅も広くなり新しい橋に架け替えられていました。少し登ると開けたところに出ます。ここから西ルートは樹林の尾根を登っていくようになります。
イワカガミ(岩鏡)
次第に登りが急になってきます。岩っぽいところも出てきます。要所にロープがかけられています。「ここからイワウチワ群生地」の表示板が出てきました。イワウチワは既に終わっていました。更に少し登ると今度は「ヒカゲツツジ群生地」の表示板が出てきます。ここでもヒカゲツツジは既に終わっていて咲いていません。
標高800m位のところに今度は「イワカガミ群生地」の表示板が出てきます。ここからイワカガミがちらほら出てきます。ヒカゲツツジも群生して咲いています。ここから標高1,000mくらいのところまでイワカガミとヒカゲツツジが同時に沢山咲いていました。所々にミツバツツジも咲き、シロヤシオらしい花も見かけました。坪山頂上への最後の50mは胸を突くような急登です。
ヒカゲツツジ(日陰躑躅)
イワウチワとイワカガミとヒカゲツツジ
いずれの花も岩場や崖などに咲きます。イワウチワとヒカゲツツジはやや日陰を好みます。イワカガミはどちらかというと日が差すほうを好むようです。イワウチワは標高のやや低めのところに咲きます。奥多摩でも1,000m以下のところに咲いているのを見ます。これに対してイワカガミは標高のやや高めのところに咲きます。箱根、南大菩薩の1000m以上のところや、八ヶ岳、日本アルプスなどでもイワカガミの種類を良く見かけます。イワウチワとイワカガミとヒカゲツツジ。この三つが同時に咲く坪山のような山は珍しく貴重な存在といえます。
坪山山頂より富士山
10数名で一杯になりそうな坪山山頂は狭いです。また樹木がほとんどないので日陰もありません。そこでみんなそれぞれ散らばって昼の休憩です。木と木の間から真っ白い富士山が見えています。富士山の見えるところは山頂のほんの一角です。そのため富士山が見えるのに気づかない人も多くいると思います。今年は例年に比べて雪が相当深いようです。富士山の左の方にはこのあたりの山の盟主権現山(1,312m)が見えています。
坪山山頂より飛龍山より雲取山(上部の左から右)
富士山と反対側の北方向には奥多摩三山(大岳山・御前山・三頭山)の最高峰三頭山がどっしりとした姿を見せています。直ぐ目の前ですが向こうは東京都の桧原村になります。この坪山は山梨県上野原市です。なのでこの坪山は奥多摩に最も近い中央沿線の山といっていいと思います。
三頭山の更に左側の遠くには飛龍山から雲取山にかけての山並みが見えています。更にその左の富士山寄りのところには大菩薩の山々も見えます。しばらく山座同定を楽しみます。
ミツバツツジ(三つ葉躑躅)
坪山からびりゅう館へ向けての稜線は小さなピークを幾つも登り下りしていきます。所々にミツバツツジが咲いています。アカヤシオではないかと思いました。が、紫色が入っているのでやはりミツバツツジだと思います。ヒカゲツツジは少しありますがほとんど目に付きません。西ルートの頂上直下にあんなにあったイワカガミは全く咲いていません。
ミツバツツジ(三つ葉躑躅)
やがて針葉樹林帯の下りとなります。ヒトリシズカ、イカリソウ、エイザンスミレなどが咲いています。びりゅう館の赤い屋根が見えてきました。予定より1時間ほど早くびりゅう館に到着です。まずは生ビールで乾杯です。今日は夏のように暑く、だいぶ汗をかいたのでビールが旨いです。びりゅう館名物のもりそばを注文します。ここでは注文があってから蕎麦を打つのでしょうか?先ほどから蕎麦をこねてそして切っています。そしてもりそばがやってきました。もりそばにはこんにゃくと漬物の小鉢が付いています。そばつゆは薄めですがそばは腰があって旨いです。大盛りを頼めばよかったと思いました。バス会社の人が「臨時バスが出ます」と知らせに来てくれました。直ぐ近くで臨時バスが待機していました。坪山のハイキングコースもバス会社が地元と協力して開発したようです。営業努力をしているバス会社だと思いました。
八ツ田バス停~坪山~びりゅう館のコース断面図
コースタイム 歩行3時間 距離5.4km 累積の登り717m 下り-737m
JR中央線上野原駅(バス)8:30~9:20八ツ田9:35→11:07坪山11:50→13:27びりゅう館(休憩)14:20(臨時バス)14:25~15:12上野原駅
BACK HOME NEXT
山歩きのプラン  | 山の歩き方 | 登山用品と服装 | 山のアラカルト | 山行記録 | プロフィール | リンク
Copyright (C) 2008 気ままに山歩き All Rights Reserved