HOME | 山歩きのプラン  | 山の歩き方 | 登山用品と服装 | 山のアラカルト | 山行記録 | プロフィール | リンク

湘南・曽我丘陵(上大井~いこいの村~国府津)

平成25年(2013)3月6日(水)7名
ホームページカレンダー
国土地理院ウォッちず
電子国土ポータル
Yahoo地図
関東周辺山歩きバス時刻表
植物図鑑・撮れたてドットコム
PR登山用品・装備のショップ
 
御殿場線松田駅近くの松田山の河津桜
上大井駅~いこいの村~不動山~見晴台~国府津駅のGPS軌跡 大きい地図で見る
御殿場線上大井駅前の県道72号線に富士見塚ハイキングコース入口の看板が立っている。県道を右へ50mほど行ってから左折する。標識通りにいくとヘアピンカーブの部分をショートカットするようになる。富士見塚ハイキングコースの標識に従って行っても、いこいの村に出るが大回りとなるので地図を見ながら最短コースを行った。
富士山の見える、いこいの村手前の梅林
いこいの村に近づいた頃左手に梅林が現れた。上にあがって見ると梅林の向こうに箱根の山や富士山が見えるビュースポットだった。
おおいゆめの里からの富士山
おおいゆめの里には河津桜が数十本植えられているが、今年は寒さのせいか開花が遅れているようでほんの少しだけ咲き始めていた。
不動山山頂 327.7m
不動山の登り口には50cmほどの黒い杭に「不動山入口」と書かれていた。ここを5分ほど登ると不動山の山頂だった。周囲は樹木に覆われて展望は開けない。
六本松近くの梅林
六本松の手前に明るく開けた梅林がある。ここからは海の方も見え梅林を見ながら昼の休憩タイムとした。今日は暖かく日差しがいっぱいで、猫も地べたに寝転んでいた。ここから六本松は5分ぐらいのところだった。六本松を直ぎて更に進む。見晴台の標識がありこれに従って進む。見晴台はベンチがあり相模湾や箱根、そして富士山も見える。眼下には御殿場線の下曽我駅や周辺の梅林が薄いピンク色に見える。見晴台から進んで行くと道は急に細くなり急斜面を登るようになる。ようやく急な登りも緩んでくる。このあたり道が入り組んでいるので、間違えないよう地図を見ながら注意して進む。車道が下に見えトンネルの上を渡っていくようになる。更に進んでいくと車道を横切り広い車道を行くようになる。海が眺められるようになり西山農道休憩所が出てきた。トイレはこのベンチの下のほうに設置されていた。この休憩所の直ぐ下から右折して再び農道に入っていく。
国府津駅と相模湾
途中で相模湾と国府津駅が見える場所があった。農道は曲がりくねって降りて行きやがて民家が近づいてきた。そして御殿場線のガード前に降り立った。御殿場線のガード手前を右折して下っていく。菅原神社の所で左折してガードを潜り、国道1号線を渡って直進する。西湘バイパスの下を潜るとそこは国府津海岸の砂浜であった。
国府津海岸
国府津海岸の海は思っていた以上にきれいだった。遥かな水平線と青い海。波打ち際の白い泡。寄せては返す波は見ていて飽きることがない。
御殿場線松田駅近くの松田山の河津桜と菜の花
松田駅到着が午後3時頃で早かったので、松田ハーブガーデンの河津桜を見に行くことにする。この時期はまつだ桜まつりが行われており松田駅北口から松田山への臨時バスが出ている。河津桜はまだ3分咲き程度で少し早かったが、ピンク色の桜が咲き始めていた。河津桜と菜の花を見ながら松田山を下り新松田駅まで歩いた。
上大井駅~いこいの村~不動山~見晴台~国府津駅のコース断面図
コースタイム 歩行4時間30分 距離14.48km 累積標高713m -725m
JR御殿場線上大井駅9:00→いこいの村→不動山→11:30(休憩)12:00→12:05六本松→12:20見晴台→14:00国府津海岸→14:20JR東海道線・御殿場線国府津駅
BACK HOME NEXT
山歩きのプラン  | 山の歩き方 | 登山用品と服装 | 山のアラカルト | 山行記録 | プロフィール | リンク
Copyright (C) 2008 気ままに山歩き All Rights Reserved