HOME | 山歩きのプラン  | 山の歩き方 | 登山用品と服装 | 山のアラカルト | 山行記録 | プロフィール | リンク

中央線・金比羅山~矢平山(860m)~斧窪御前山

平成23年(2011)3月9日(水)2名
ホームページカレンダー
国土地理院ウォッちず
電子国土ポータル
Yahoo地図
関東周辺山歩きバス時刻表
植物図鑑・撮れたてドットコム
PR登山用品・装備のショップ
 
寺下峠から下った、麓の民家の庭先に咲くフキノトウ
奥牧野バス停~金比羅山~大地峠~矢平山~寺下峠~斧窪御前山~鳥沢駅のGPS軌跡
参考:斧窪御前山GPS軌跡
藤野駅からの、やまなみ温泉行きバスは奥牧野へ行く便もある。終点の奥牧野で降りて進行方向に歩きだす。直ぐに山梨県との県境を越え少しの歩きで一古沢バス停に出る。このバス停から右に入る道を歩いて行く。本来なら送電鉄塔の所から左に入って行くのだが、その手前を左に入って進んでしまった。そのため最初から藪漕ぎをするような羽目になった。正規のルートに乗ると、尾根に踏み跡はしっかり付いている。
登り始めの金比羅山に向かう途中で見た道志の山々
このあたり道志方面の展望がよく、丹沢の大室山らしき山も見える。一旦林道に降りイノシシ除けの柵を開けて長いトラバース状の道を進む。金比羅山、デン笠には山名板が付けられている。金山峠を過ぎて1時間ほど歩くと林道に出る。ここを横切り急な階段を登って行く。大地峠と見られる所には道標がある。このあたりから雪は次第に深くなってくる。
矢平山付近はまだ、かなりの雪が残っている
矢平山へは登る人が少ないのか雪の上に新しい踏み跡はほとんどない。矢平山は山名板が付けられていたが、周囲は樹木に覆われ展望は利かない。
寺下峠へ向かう途中のトラバース道 生藤山付近の山。中央は茅丸(1,019m)
矢平山からは岩場のある急な下りの連続となる。丸ツヅク山は尾根を行かず巻き道のトラバース道を行く。寺下峠へは尾根道を行く。
寺下峠を過ぎてから見えてきた矢平山(860m)
方向が北に変わるようになってくると登ってきた矢平山が見えてくる。この山だけ葉を落とした広葉樹が多いためか、樹木を通して雪が積もっているのが見える。ここからしばらく進むとザレた斜面の下りが出てくる。延々と続くが危ない所はロープが張られている。
麓の林道に降りる手前から見た斧窪御前山
麓に近付き林道の手前でこれから登る斧窪御前山が見えてくる。集落の中を通って行くと、一軒の民家で春を告げるフキノトウがたくさん咲いていた。
梁川駅手前の塩瀬大橋から撮影。杉花粉が黄色い煙となって飛んでいた
桂川に掛る塩瀬大橋を歩いていると、左側の山の斜面から靄のような煙があがっている。なんだろうか?とよく見てみると薄黄色い煙なのでスギ林の花粉が舞いあがっているのだ。今日は午後から目が痒く、クシャミもよく出たのはこのためだったか。それにしても初めて見るスギ花粉の凄い風景だった。
斧窪御前山からの展望 494mを過ぎて下ると倉岳山(左)が見えた
塩瀬大橋を渡り国道20号線甲州街道に出たら左に行く。梁川駅前を通りそのまま進み、しばらく歩くと右に行く道が現れる。ここを右に入り次の中央線のガードをくぐらず直ぐ左の道を行く。正面に御前山の標識も立てられている。坂道となり集落の中を通って行く。しばらく進み下に国道が見えてきて、下り坂になる手前を右上に行く道を進む。奥には御前山の標識が立てられている。斧窪御前山へはここから30分ほどの登りだ。山頂は細長い形になっていてアンテナが立てられている。北西方向に下りの踏み跡が付いている。途中から笹籔が濃くなるが踏み跡はしっかり付いている。笹がなくなりトラバース道になる手前に左上に行く薄い踏み跡がある。494mのピークへはこの踏み跡を登る。途中で右へ下る踏み跡もあるが尾根を外さず登って行く。送電鉄塔が現れ南へ進むと更に送電鉄塔が出てくる。ここからは南西方向に、緩やかに下って行く道を進む。伐採地が現れ途端に展望がよくなる。手前に見える大きな山は倉岳山で、高畑山、大桑山へと続いている。明るい歩きやすい尾根を下って行くとやがて民家の屋根が見えてきた。降り立ったのは水路のある民家の庭先のようなところだった。咲き始めた鮮やかな黄色いフクジュソウが見事だ。ここから坂道を降りていくと線路沿いの車道に出た。右方向に進むと甲州街道に合流しやがて鳥沢駅前に到着した。
斧窪御前山から下った麓の民家の庭先に咲くフクジュソウ
奥牧野バス停~金比羅山~大地峠~矢平山~寺下峠~斧窪御前山~鳥沢駅のコース断面図
コースタイム 
歩行8時間10分 距離17.63km 累積標高+1,605m -1,551m
JR中央線藤野駅(バス)~奥牧野7:42→9:10金比羅山→9:38デン笠→金山峠→大地峠(おおちとうげ)→11:20矢平山11:35→寺下峠→14:10梁川駅前→14:30登山口→15:00斧窪御前山15:10→16:22鳥沢駅
BACK HOME NEXT
山歩きのプラン  | 山の歩き方 | 登山用品と服装 | 山のアラカルト | 山行記録 | プロフィール | リンク
Copyright (C) 2008 気ままに山歩き All Rights Reserved