HOME | 山歩きのプラン  | 山の歩き方 | 登山用品と服装 | 山のアラカルト | 山行記録 | プロフィール | リンク

渋沢丘陵~曽我丘陵(327m)

平成22年(2010)2月3日(水)2名
ホームページカレンダー
国土地理院ウォッちず
電子国土ポータル
Yahoo地図
@nifty路線検索
関東周辺山歩きバス時刻表
植物図鑑・撮れたてドットコム
PR登山用品・装備のショップ
渋沢丘陵から曽我丘陵へ向かう途中、展望のよい丘陵地帯(東名高速道路が上部に見える)
小田急線海老名駅あたりから見る丹沢山塊は雪に覆われ谷間に雲がたなびき幽玄ともいえる風景である。秦野駅南口から地図を片手に歩き出す。今泉湧水地や白笹稲荷を過ぎ坂道を登っていく。
坂を登っていくと奇妙な木が 震生湖へ向かう途中から富士が見える
見晴がよくなり秦野の街が見下ろせるようになり、丹沢表尾根の山々も目の前に広がる。しかし今朝方の電車で見た風景とは異なり、稜線には最早雲が湧き出してきている。途中に奇妙な木が現れる。アフリカのバオバブの木のような感じだがツタが生い茂ってこのような形になっているようだ。
今日は富士山が霞んで見える 丹沢表尾根にも雲が湧き出した
震生湖へ向かう車道からは富士山が頭だけ見えるポイントがある。大根畑から見る丹沢山塊もなかなか見事だが、いかんせん雲が多いのが残念だ。
関東大震災で出来た小さな湖・震生湖 湘南海岸方面に降る光のシャワー
車道の左手にゴルフ練習場が見えてきてその道を下っていくと震生湖だ。小さな湖でボートに乗って釣をしている人がひとりいた。震生湖手前の縁をたどって歩き、震生湖の終わりから右の斜面の階段を登り車道に向かう。車道に戻り右手に峯坂の石碑を見て進むと車道から離れて山道となる。右手に向山配水場の施設があり左側に牛舎、前方に電波塔を見て進む。間もなく右手にベンチが出てくるが丹沢側の展望はよくない。更に進むと丹沢の展望はよくなるが、先ほどより更に雲が厚くなり山の姿はほとんど見えない。左手に日本バイオアッセイ研究センターの白い建物を見ながら歩く。車道にぶつかりそのまま進むと左上に真栖寺の建物が見えてくる。右側に栃窪会館の建物があり、ここから車道を離れ山道を進んでいく。途中右手に小さな赤い鳥居と祠を見る。
曽我丘陵に向かう分岐点の標識 前方に電波塔の立つ曽我丘陵が見えてくる
曽我丘陵に向かう途中の丘陵地帯からの相模湾(下の道路は東名高速)
曽我丘陵への分岐(地図参照)には「震生湖、頭高山」の標識が立っているのでここを左折する。間もなく右手に電波塔が現れる。ここから道幅は狭くなるが直進する。途中には湘南の海が見える場所もある。このあたり標高300mくらいとなり展望が開け前方には曽我丘陵が見えるようになる。電波塔が立っているところは浅間山(317m)だろうか?やがて東名高速道路が見える場所になり展望が開ける。ここからは景色を見ながら下って行く。右手の奥には美化センター(ゴミ焼却場)の建物と煙突も見える。
下りきった車道には高尾の歩道橋がある 斜面に生えたツチグリ(土栗)
高尾の集落を下りきると県道77号線の歩道橋の前に出る。ここを渡って向こう側の歩道を歩く。右手に神奈川大井射撃場の看板を見て進む。先ほどの丘陵地帯を歩いている最中に銃声のようなパンパンパンという乾いた音がしたのはここの射撃場だったか。歩道橋から二つ目の左へ入る道を行く。東名高速道路の下をくぐるトンネルを進む。最初の十字路の右手方向に「いこいの村」と見られる建物が見える。ここで初めて左角に「六本松跡・曽我丘陵」の標識が現れる。いくつも枝道が現れるが直進する。電波塔の手前でも「小田原市・梅の里」の標識に従い直進する。
あちこちに梅の木があり咲き始めている みかん畑と梅の咲く里山
この後道が錯綜してわかりにくくなる。少し迷いつつも六本松跡、一本松跡、国府津駅の標識に従って歩く。この辺り道脇には梅の花とみかんの木が交互に現れ、見下ろす景色ものどかな山郷の雰囲気だ。
箱根の矢倉岳を望む 御殿場線(中央)に2両の電車が走る
途中見晴台の標識に従い見晴台からの箱根・小田原市街地の展望を楽しむ。元の地点まで戻り、国府津駅の標識に従って進む。
相模湾の小田原方面を見る 国府津海岸より小田原方面
湘南の海や小田原市街地を眺めながら下りきると御殿場線の前に出た。ここを右方向に行くと菅原神社がありこの道路を左折する。御殿場線と東海道線のガードをくぐり国道1号線(東海道)を渡って進む。西湘バイパス下を通り砂浜への階段を下りる。打ち寄せる波うち際で海水に手をつけてみる。それほど冷たい感じではなく、舐めてみたが塩辛さはあまり感じなかった。
咲き始めた曽我丘陵の梅の花
 
秦野駅~渋沢丘陵~曽我丘陵~国府津海岸~国府津駅のコース断面図
 
コースタイム 歩行6時間50分
小田急線秦野駅7:50→8:35震生湖→9:45分岐→10:30歩道橋→10:55いこいの村脇→(昼食11:43~12:20)→15:05国府津海岸→15:22JR東海道線・御殿場線国府津駅
BACK HOME NEXT
山歩きのプラン  | 山の歩き方 | 登山用品と服装 | 山のアラカルト | 山行記録 | プロフィール | リンク
Copyright (C) 2008 気ままに山歩き All Rights Reserved