HOME | 山歩きのプラン  | 山の歩き方 | 登山用品と服装 | 山のアラカルト | 山行記録 | プロフィール | リンク

大菩薩・小金沢連嶺(2014m)~大菩薩峠

平成21年(2009)6月3日(水)5名
ホームページカレンダー
国土地理院ウォッちず
電子国土ポータル
Yahoo地図
@nifty路線検索
関東周辺山歩きバス時刻表
植物図鑑・撮れたてドットコム
PR登山用品・装備のショップ
白谷ノ丸手前の展望地から見た富士山とミツバツツジ
JR甲斐大和駅から予約していたタクシーで湯ノ沢峠へ向かう。山のほうは雲が立ち込めていて天候のほうは怪しい雰囲気だ。タクシーはかなりなスピードで林道をひた走る。湯ノ沢峠2キロ手前から林道舗装がなくなりスピードを落として進む。湯ノ沢峠へ着く手前でくっきりとした富士山の大きな姿が見えて歓声が上がる。
湯ノ沢峠に咲くズミ(別名:コリンゴ) ミツバツツジの咲く白谷ノ丸付近から見た富士山
ズミが満開の湯ノ沢峠を後に黒岳へ向かう。ここからの登りの笹薮はかなり駆り払われていて登りやすくなっている。前回登ったときは笹薮を掻き分けながらの登りで朝露に濡れてびっしょりになった。今日はそういうことはなく、ほとんど邪魔にならない。ザレ場を過ぎて次第に高度を上げていくと、富士山が姿を見せるようになる。周辺のミツバツツジも咲き始めている。
白谷ノ丸手前の展望地から見た富士山とミツバツツジ 白谷ノ丸から見た御坂黒岳(左端)と毛無山(右端)
白谷ノ丸直下のケルンのある展望地からも富士山や富士山周辺の山が見られる。南アルプスもうっすらと見える。今日は陽射しはないが高曇りなのが幸いして山々の展望がよい。雲海のような雲が湧き上がっているが、これが駅から見た雲なのかも知れない。
白谷ノ丸から見た富士山 緑濃い黒岳の広葉樹林帯
白谷ノ丸で富士山やミツバツツジ、周辺の展望を見てから黒岳へ向かう。黒岳へは一転して樹林帯の道となり広葉樹林の緑が鮮やかだ。一本の苔むした木の幹に、ワチガイソウが幾つか花を付けており深山の趣がある。黒岳は樹林に囲まれており展望はきかない。
川胡桃沢ノ頭からのミツバツツジ 岩の苔に生えるシダ(羊歯)
ここからは2000m級の稜線歩きとなる。笹原や広葉樹の緩やかな明るい尾根道を歩く。やがて川胡桃沢ノ頭に到着する。ここからも見事な富士の展望が得られる。歩いていくと一本のミツバツツジの木が満開となっている。道は下るようになり、下りきった所が賽の河原の笹原だ。ここからは登りに転じて牛奥雁ヶ腹摺山に向かう。牛奥雁ヶ腹摺山は木立はあるが富士の展望は得られる。小金沢山へは緩やかな起伏の稜線歩きとなる。大きな岩に生えた苔の上にシダが生えていてまさに原生林の雰囲気だ。
御前山(中央)その右大岳山右端三頭山 狼平へ向かう途中からの大菩薩湖
小金沢山は山梨百名山でここからも優美な富士の姿が見られる。また大岳山、三頭山、雲取山など奥多摩の山々が曇り空の下に見ることができた。大寺山の仏舎利が白く光っているのが見えてよい目印となる。小金沢山からは下りに転じ、苔むした原生林の中を変化のある山歩きとなる。途中の樹間からは大菩薩湖も見え始める。
笹原の狼平に生えるダケカンバの木 石丸峠へ向かう稜線
笹原を下りきるとダケカンバのある狼平だ。ここからは緩やかに伸びる天狗棚山や熊沢山の笹原の山容と笹原に付けられた登山道が見える。天狗棚山は登らず途中から左へ笹原の斜面をトラバースする。笹原は背丈が腰辺りまであり、それほど高くないのがありがたい。登山道を笹がかぶるように覆っていて、笹を掻き分けながら足元を見て歩くのもなかなか面白い。石丸峠を過ぎこのコース最後の熊沢山への登りとなる。頂上に達するとここからも富士の展望が素晴らしい。二人のマウンテンバイクの男性が休んでいる。どこから登ってきたのか聞くと、小菅から小菅大菩薩道を担いで登ってきたという。下りは牛ノ寝通りで帰るという。
大菩薩峠、親不知ノ頭より見た登山道を横切る鹿 親不知ノ頭より大菩薩嶺へかけての稜線
熊沢山からは樹林帯の下りとなる。苔むした樹林帯だが、小金沢山の樹林帯ほど奥深い感じはしない。やがて山小屋の屋根が見えてきて大菩薩峠に到着する。予定より早めに到着したので、親不知ノ頭まで行ってみることにする。岩稜を越えて親不知ノ頭に着くと、前方で二頭の鹿が登山道を横切って下っていくのが見えた。雷岩へ掛けての稜線の山腹にはミツバツツジが点々と咲いているのが見える。レンゲツツジが咲く時期にはまだ早いようだ。賽の河原の避難小屋の内部をみてから大菩薩峠へ戻る。介山荘脇の林道を福ちゃん荘へと向かう。福ちゃん荘ではタクシーが来ていたので、運転手に別のタクシーを一台呼んでもらう。しばらく休憩してから、上日川峠へと向かう。上日川峠では既にタクシーが到着して待っていた。塩山駅前の蕎麦屋で蕎麦やおでんを頼みビールで乾杯し、今日の山歩きの締めとしました。
天狗棚山付近より新緑の小金沢山方面を望む
コースタイム 歩行5時間40分
JR甲斐大和駅(タクシー¥5840)~8:45湯ノ沢峠→9:40白谷ノ丸→10:00黒岳→10:30川胡桃沢ノ頭→11:10牛奥雁ヶ腹摺山→11:55小金沢山12:20→狼平→石丸峠→熊沢山→13:50大菩薩峠→親不知ノ頭→大菩薩峠→14:55福ちゃん荘(休憩)→上日川峠(タクシー¥5300)~JR塩山駅
BACK HOME NEXT
山歩きのプラン  | 山の歩き方 | 登山用品と服装 | 山のアラカルト | 山行記録 | プロフィール | リンク
Copyright (C) 2008 気ままに山歩き All Rights Reserved